機種の選び方

モバイル通信機の選び方

モバイル通信機を選ぶ上で一番重要なのは、利用する場所が通信可能エリアかどうかです。
通信事業者別でエリアが違いますので、通信機を選ぶ前に確認しましょう。
機種別にエリアが異なる場合もありますので、レンタル事業者側にも確認しておきましょう。
都市部である場合には、エリア外になることはありませんので気にすることはないでしょう。
しかしある機種は独自の電波使っており、建物の環境などで使い辛くなる可能性があります。

形はどの機種も小さく、バッテリーはどの機種もあまり変わりませんので、気にすることはないでしょう。
ただ、モバイル通信機のバッテリーはあまり持ちません。
しかも、レンタルですので劣化している可能性がありますので、表記しているバッテリーの持ちより短く考えておくと良いでしょう。

モバイル通信機のメリットとデメリット

モバイル通信機を持つメリットとしては、wifiという無線の規格で通信しますので、端末をつなぐ線がいりません。
使い方によっては携帯端末のように月の制限がかからないので、気にせず通信ができます。

引っ越しが多い方などは、いちいち契約ではする必要がなく、しかもレンタルの場合必要に応じて使えますので、効率的に良いです。

デメリットは無線の範囲が限られており、数メートルのカバーですので、あまり過信できないことです。
やはり自宅で契約する回線より劣ってしまうため、モバイル通信機に変えた場合に通信速度が遅く感じてしまうことです。

このようにデメリットは通信速度くらいですので、持ち運びを考えるとメリットが多いと言えます。

この記事をシェアする
TOPへ戻る